各位
「カンバンガイド」は多数存在するカンバン実装がありますが、それらの最小ルールセットをまとめて統一的な参考資料とするために開発され、公開されているものです。「カンバンガイド」は、英語版からスタートし、コミュニティにより多言語翻訳がなされていましたが、日本語訳版はありませんでした。

今回、代表の長沢が親交関係から日本語訳を担当させていただくことになりました。さらに、英語、ポルトガル語でしかなかったカンバンガイドを保管するドキュメントも同時に日本語翻訳しました。日本語翻訳したのは、以下の3つ(全て)です。

「カンバン」は、ソフトウェア開発をはじめとしたナレッジワークにおいて、ナレッジワーカーが用いる価値の流れを最適化する戦略のことです。よく見かける『カンバンボード』などはこの戦略に基づいた実装と言ってよいでしょうか。

注意

「カンバン」と聞くと、タスクボードや「かんばん方式」を思い浮かべる方々も多いでしょう。どちらもビジュアルマネジメントの要素がありますね。そして「かんばん方式」の詳細はリンク先を見ていただきたいのですが、カードにいつ、どこで、なにが、どれだけ使われたかが記されたものであり、それを回収することで「必要なものを必要な時に必要なだけつくる」を実現しています。生産の現場では、このかんばん方式に取り組み、在庫を抱え込まないようにしたりしています。今回翻訳した「カンバンガイド」とそこで扱っている「カンバン」はこれらと本質的に同一ではないことがわかりますね。

カンバンガイド

カンバンガイドの表紙

目次

  • カンバンガイドの目的
  • カンバンの定義
  • カンバンを使う理理由
  • カンバンの理論
  • カンバンのプラクティス
    • ワークフローの定義と可視化
    • ワークフロー内の項目を能動的に管理
      • 進行中の作業(WIP)を制御する
      • サービスレベル期待値(SLE)
    • ワークフローの改善
  • カンバンの指標
  • 最後に
  • カンバンの歴史
  • 用語集

カンバンガイドの定義集

カンバンガイドの定義集の表紙

目次

  • 背景
  • 定義
    • サイクルタイム
    • 明示的なポリシー
    • フローまたは、流れ
    • カンバン
    • カンバンボード
    • スループット
    • 価値
      • 顧客やエンドユーザーの価値
      • 社会的な価値
      • 知識の価値
      • 組織的な価値
    • WIP
    • 作業
    • 作業項目
    • 作業項目の種別
  • 参考資料

カンバンガイド《付録》実現手段と詳細説明

目次

  • カンバンガイドに欠かせないサポート
  • 任意(必須ではない)
    • バックログの可視化手段
    • 依存関係ボード
    • フルキッティング
    • ファネル
    • ジョブ理論
    • スクラム
    • サイクルタイムの固有名称
    • スプリント、または他のリズムのあるサイクル
    • TameFlowのカンバンボード
      • フロー効率化ボード
      • ドラムバッファロープボード
      • スループット管理ボード
    • チーム
    • 作業項目ごとのミニカンバンボード
    • 価値基準、原則、役割
  • 推奨(必須ではない)
    • バックログ
    • ソフトウェアでの文脈において
    • 導入のヒント
    • 役割不在を考慮した明示的なポリシーの候補
    • フロー最適のための明示的なポリシーの候補
    • 適切なサイズへの調整
    • カンバンガイドを保管するフローの指標
    • 作業項目の属性
  • コラボレーションへの阻害要因
  • ブロック列は必要か
  • 一般的な誤解、半真理、全くのナンセンス
  • 価値の一例
  • フローを価値より優先する
  • 見積もった作業量と実際の作業量が一致しない理由
  • 参考資料

謝辞

これらの翻訳にあたり、9名の方々にレビューをしていただきました。レビューは、ソーシャルメディアで募り、翻訳者の長沢が選定をさせていただきました。今回は、20名近くの方々に手を挙げていただきました。この場を借りて、レビューに参加してくださった皆様(各ドキュメントにお名前が記載されています)、手を挙げて下さった皆様に感謝いたします。

ご支援

弊社では、カンバンに関する研修や伴走支援(コーチングや第三者レビューなど)を実施しています。ぜひお気軽にお声がけください。

お問合せ
1営業日以内に返信いたします