スクラム クイックスタート研修

SCRUM quick start training

研修開発ストーリー

スクラムの導入・実践支援を行なっていると、チームや組織でスクラムの知識と経験のバラつきが見受けられ、それが要因でスクラムの実践がうまく進めていないケースを多くみてきました。そう言った場合には、一度スクラムについて共通認識を持てるような研修トレーニングやワークショップが有効です。しかしながら、スクラムマスター向けの研修や、プロダクトオーナー向けの研修は多々ありますが、スクラムチームや組織に向けた共通認識を持てるような研修トレーニングが少ないことに気がつきました。

導入・実践支援の一環としてスクラム研修を実施したところ、チームに共通認識が生まれやすくなり、「研修のアレをやってみよう」や「今の状態は研修で言っていたコノ状況だよね」と指示語を使って一瞬で共通認識できるようになるという効果がでてきました。スクラムについては、『スクラムガイド』にルールがあるわけですが、なぜそのルールなのか、ルールの具体的な意図は何かについてもチーム内外の人によって解釈が異なることもすくなくありません。スクラムをチームでどう活かすべきかというのは、スクラムチームで考え、対話し、実験していくことが大切です。その基盤としてチーム向けのスクラム研修の必要性を実感しました。

本研修は、チームを代表して一人二人が受講するようなものではありません。チーム全体で同時に同じ研修を受講し、体験し、次につなげることが目的となります。このような研修を望んでいたご担当者様は、ぜひご相談ください。

チームと組織のための「スクラム」研修

研修は、一社様向け研修として実施させていただいております。公開研修の実施は、現時点で検討しておりません。一社様が幹事役として取りまとめいただいて、複数社様でご参加いただくことができます。パートナー企業、顧客とのご参加も推奨いたします。研修は、その「場」を共有し、共通体験から共通認識を持つことが大切なため、一社集合研修とさせていただき、効果を最大化していただけるものと確信しています。

コースの目的

本コースの目的は、アジャイル開発のひとつのアプローチであるスクラム (Scrum) を早期に理解し、実践していくためのスタートとなる知識と体験をすることです。実際に稼働する(している)チームや組織でご参加いただくことを強くお勧めいたします。

  • スクラムの基本とスクラムのゲームのルールを理解する
  • スクラム開発を疑似体験することで実践する準備を整える
  • 実践する現場チームでの統一見解をつくり、スタート地点に共に立つ

コースの内容

1日目(1日コース)

  • アジャイルが適応できる条件
  • アジャイル概要
  • 従来とアジャイルの計画と戦略
  • 経験主義とリーン思考
  • スクラム概要
  • スクラムの基本と要素
  • スクラムの価値基準
  • スクラムの導入
  • スクラムの定着とアジャイルリーダーシップ
  • スクラムのスケーリング

2日目

  • プロダクトオーナーシップ
  • ステークホルダーの分類と戦略
  • プロダクトの発見
  • プロダクト価値と計測
  • プロダクトゴール
  • プロダクトバックログ
  • PBIとリファインメント
  • スプリントゴール
  • スプリントバックログとタスク分解
  • スプリント運営
  • ビジュアルマネジメント
  • スクラム with カンバンとメトリクス

※ 内容ならびにワークの内容は、研修内容の調整時にベストなものを選択する場合があります(複数の選択肢を準備しています)。
※ ご要望により内容をある程度カスタマイズすることが可能です。

コースの資料(一部抜粋)

コースの演習(一部抜粋)

コースの対象者

  • アジャイルやスクラムを実践したいチーム・組織
  • アジャイルやスクラムを実践したいが知識差や経験差が埋められないチーム・組織
  • 開発者・開発チームとの良好なコラボレーションのためにスクラムを学びたい開発組織や開発組織外の方々
  • ビジネスでスクラムのフレームワークを活用・実践したいチーム・組織

※ プログラミングや開発スキルを用いた研修ではないので、開発者・技術者でなくても安心してご参加いただけます

コースの実施方法と受講者数

  • 本コースは、オンサイト(御社オフィスなどにてご用意いただいた会場・設備)または、リモートで実施させていただきます。
  • 本コースの1回あたりの最大受講者数は20名とさせていただきます(※ それ以上の場合はご相談ください)。
  • 1チーム 4名〜5名で編成し、ワークショップを実施します。

コースの特典・フォローアップ

  • 研修テキストの電子媒体(PDF)での配布をいたします(※ 利用は受講者に限ります)。
  • 開催後、1週間のメールやチャットなどのオンラインでのフォローアップを行います。

受講者の声(抜粋)

スクラムマスター
Aさん

チームでの受講を勧められたが正解だった。チームで同じスタートラインに立てた

開発者
Hさん

知ったかぶりしてなかなか周囲に聞けなかったことを膝を突き合わせて議論するきっかけになった

スクラムマスター
Sさん

チームメンバー全員、おれおれスクラムで自信がなかったけれど、チームがひとつにまとまった

プロダクトオーナー
Kさん

なんでアジャイルなのか、なんでスクラムなのかを開発部門以外の関係者にも自信を持って納得させられそう

マネジメント
Tさん

チームを生かすも殺すもマネジメントによるところであるとわかった。しっかりと環境を整えていきたい

基本価格

下記をご覧ください。カスタマイズ研修など貴社の特別なご要望にお応えすることができます。その際は別途見積もりさせていただきます。いずれにせよ、価格についてはご相談ください。

よくあるご質問

ソフトウェア開発の知識は必要でしょうか?
ウォーターフォールしか知識と経験がありません
リモートでも開催可能ですか?
1日コースですか?2日コースですか?また、分割して開催は可能ですか?
途中参加や途中退出は可能ですか?
スクラムの認定資格は取得できますか?
15名未満でも実施できますか?
20名以上の大人数での実施も可能ですか?
複数社ジョイントで開催可能ですか?
開催場所も提供してほしい
座学やワークを切り出して実施可能か?
認定資格試験対策講座を開催してほしい

関連する講演資料

研修テキストおよび演習の内容については進化的設計により更新をしております。下記の関連講演資料も参考にしてください(※講演も承っております)。