代表取締役 紹介

ご覧くださりありがとうございます。
長沢 智治です。

弊社のご支援サービスならびにすべての活動の責任は、長沢 智治が負っております。すべてのフィードバック、アドバイスは直接、どなたでも、わたくしにご連絡いただくことができます。

  

長沢智治

はじめに

ソフトウェアエンジニアリングと業務改善の専門家として、20年間の実績がございます。主に、業務改善コンサルタントとして通算10年間、エバンジェリストとして通算13年間をクライアント様の現場と共に過ごさせていただいております。講演や書籍でも多くの貢献をさせていただいております。

プレゼンテーションでも定評をいただき、プレゼンテーションの書籍の執筆や基調講演を担当させていただくことも多くございます。

複数社の顧問やエバンジェリスト、アドバイザーとして関わらせていただいております。当社としても、個人としてもクライアント様を第一に尽力させていただいております。関心のある方は、ぜひお声がけください。

現在、会社運営とサービス提供を実施しておりますが、個人として社外役員や顧問などもお受けしております。

  • 業務委託や顧問(サーバントワークス株式会社として)
  • 役員や顧問(個人として)
  • 正社員や契約社員(個人として)

あらゆる可能性を排除しない

エバンジェリストとして、所属のミッションを遂行しつつ、人が推進する独自路線で、業界貢献駆動でビジネスモデルを強固なものにするアプローチを実践した経験の持ち主であり、外資系企業をはじめとしたプロダクトを持つ企業の事業立ち上げや認知向上、パーセプションの変更など得意です。プレゼンテーションでも定評をいただき、企業からのプレゼン講座の依頼やプレゼン制作も手がけております。

「できない」「やらない」ではなく、すべての可能性を排除せず、社会・業界・クライアント様に貢献できることを常に考え、最善の活動をさせていただきます。

お声がけください

アイデアは全てを駆動します。前例や過去の成功は尊重すべきものですが、それが足かせになってしまうこともあります。それは私も同じです。過去の実績・知見は最大限に活かしますが、それに囚われない柔軟さを保っています。それは現場重視・クライアントにコミットする姿勢があるからです。「あらゆる可能性を排除しない」がモットウです。事業としてのご支援はもちろんのこと、メニューにないことも、個人的なご依頼も長沢智治にできることはすべてが対象の範囲内となります。新たな可能性を見つける旅を続けます。ぜひ、お声がけください。

オンライン名刺交換 by Eight

氏名

長沢 智治

NAGASAWA, Tomoharu

肩書き

  • チーフ エバンジェリスト
  • プロダクトアドバイザー
  • マーケティング・エバンジェリズムアドバイザー
  • アジャイルコーチ

現職

  • サーバントワークス株式会社 創業者 / 代表取締役
  • Nota Inc. : Service Evangelism Lead
  • 株式会社ウフル : エバンジェリスト
  • DevOps Agile Skills Association : DASA Ambassador
  • Schoo : 講師
  • ミーミル: リサーチエキスパート
  • ご支援作企業多数(※非公表)

キャリア

  • エバンジェリスト
  • プロダクトマネージャー(事業責任者)
  • アーキテクト
  • 改善コンサルタント
  • トレーナーおよび講師認定責任者
  • ソフトウェアエンジニアリングスペシャリスト
  • プリセールスエンジニア
  • ソフトウェアエンジニア
  • サポートエンジニア
  • ネットワークエンジニア

略歴

  • インテック 
  • 日本ラショナルソフトウェア (Rational Software)
  • 日本アイ・ビー・エム (IBM Japan)
  • ボーランド (Borland Software)
  • 日本マイクロソフト (Microsoft K.K.)
  • アトラシアン (Atlassian)
  • エバンジェリズム研究所(複業/パラレルワーカー)
  • サーバントワークス 代表取締役 (複業/パラレルワーカー)

主な講演

  • Regional SCRUM Gathering Tokyo 2020
  • AWS Dev Day 2018
  • DevOps Days Tokyo 2017 【基調講演】
  • Regional SCRUM Gathering Tokyo 2017 【基調講演】
  • JaSST’16 Niigata 【基調講演】
  • Developers Summit 2013 【基調講演】 (DevOps)
  • Developers Summit 7年連続登壇、通算10回以上登壇
  • 日経主催イベントでの講演多数
  • コミュニティ講演登壇多数
  • スクーでの生放送20回以上
  • 年間150件以上の講演をこなす

主な著書・監訳書

  • 『More Effective Agile 〜 “ソフトウェアリーダー”になるための23の道標』(日経BP, 2020)
  • 『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンテーションテクニック』(ラトルズ, 2018)
  • 『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』(日経BP, 2018)
  • 『今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント』(日経BP, 2016)
  • 『C#実践開発手法』(日経BP, 2015)

ソーシャルコミュニケーション

コミュニケーションはぜひお気軽にお願いいたします。有償/無償、お仕事になるかどうか曖昧な状況でのコミュニケーションを大切にしております。

活動ポリシー

  • 貢献できることはすべての可能性を排除せずに取り組んでいく。
  • 人や企業によって区別をしない、対応を変えない。
  • ソーシャルでの発信は、長沢智治の個人の意見です。
  • 所属する団体やご支援先クライアント様の公式な見解ではありません。
  • 発言は、その当時のものであり将来に渡って保証するものではありません。
  • ご不明な点やフィードバックは、常に受け付けております。

取材いただきました!

長沢智治の支援スタイルについて

正解のない時代での実績ある支援スタイルを取材していただきました。