お知らせ

各位
サーバントワークス株式会社の代表取締役である長沢智治は、スクラムの生みの親である Ken Schwaber 氏が設立した Scrum.org の認定資格のうち、プロダクトオーナーのアドバンスレベルの認定資格ならびに、ユーザーエクスペリエンス(UX)の認定資格を取得いたしました:

  • Professional Scrum Product Owner II (PSPO II)
  • Professional Scrum with UX (PSU I)

PSPO II は、プロダクトオーナーとしての幅広くそして深い知識と経験を業界に認定いただいたこととなります。また、PSU I は、スクラムと UX デザインというともすれば競合してしまいがちな概念や活動に対するスクラムをベースとしてより経験的なアプローチに関する知識と経験を業界に認定いただいたこととなります。これらの分野は、今まさに、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する組織にとって不可欠な概念であり、実践すべき領域です。

サーバントワークスでは、認定された知見を元に、各企業にあった支援サービス、研修サービスを提供してまいります。

お気軽にご連絡ください
お問い合わせ
無料です

Professional Scrum Product Owner II について

PSPO II は、全世界で 2,066人のみが取得している認定資格です。プロダクトオーナーとしての高度な知識を有していることを Scrum.org によって認定されます。認定資格試験の難易度は、「上級」と位置付けられており、プロダクトオーナーの知識に加えて、アジャイルリーダーシップやエビデンスベースドマネジメントなどの知識も求められます。また、プロダクトオーナーの最高峰であり、全世界で認定者数356人のみの PSPO III の受験資格を得られたことになります。

プロダクトオーナーの育成やプロダクトオーナーシップでのお困りごと、プロダクトオーナーの補佐など必要なご支援サービスを用意しています。ぜひお声がけください。

Professional Scrum with UX I について

PSU I は、スクラムチームが UX デザインを活用して、包括的な価値の創造と提供を行えるアプローチについての理解と知識の認定資格になります。リーンUXや、ディスカバリーフェーズとデリバリーフェーズでのスクラムチームとして機能する活動に対する知見が認められました。

お客様をご支援すべく多様なスキルと認定資格を取得

サーバントワークスでは、多様なお客様に対してご支援を提供できるようスキル開発に投資をしております。その結果として、知見を確認する認定資格の取得も奨励しています。

代表の長沢智治は、持ちうる知見の確認のためScrum.orgの認定資格の取得にも取り組んでおります。

スクラムのフレームワークと責任についての深い部分と、スクラムをベースにしたより実践的な活動シーンに特化した認定資格を取得する知見を有していることを確認済みです。

Professional Scrum Product Owner II
Professional Scrum with UX I
Professional Agile Leadership Evidence-Based Management
Professional Agile Leadership I
Scaled Professional Scrum
Professional Scrum with Kanban
PSPO I Tomoharu Nagasawa
Professional Scrum Product Owner I
PSM I Tomoharu Nagasawa
Professional Scrum Master I
avatar
長沢 智治

サーバントワークスでは、ソフトウェア開発をはじめとした複雑な業務を改善する支援サービスを実施しております。スポットから中長期まで探究と伴走による支援についてお伝えしたいことがあります。ぜひお気軽にお声がけください。

本記事の著者:

長沢智治

長沢 智治

サーバントワークス株式会社 代表取締役。NOTA Inc. アドバイザリーボード。DASA アンバサダー/認定トレーナー。

『More Effective Agile』、『Adaptive Code』、『今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント』、『アジャイルソフトウェアエンジアリング』など監訳書多数。『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンテーションテクニック』著者。

Regional Scrum Gathering Tokyo 2017, DevOpsDays Tokyo 2017, Developers Summit 2013 summer 基調講演。スクー講師。

プロフィール