OrgCMF ™

組織能力成熟度フレームワーク

ODTI (Organisation Development Tools Institute) は、組織サイエンスとダイナミックシステム成熟度理論(DSMT: Dynamic Systems Maturity Theory) に基づいて、組織の漸進的、移行的、変革的な変化の計画と実行を支援するツールを研究開発と提供を行っている組織です。DSMT は、組織の機能レベル(パフォーマンスと変更能力)を説明するための明確な学習レベル(成熟度レベル)を識別し、より高い成熟度レベルへとパフォーマンスとアジリティを向上させるための道標を提供しています。

変更と変革の取り組みが期待していた成果に達成するためには、一般的な変更管理プロセスと知識があったとしても、期待していた成果を達成できないことが立て続けに起きている事実があります。ダイナミックシステム成熟度理論(DSMT)の研究は、変更と変革をより良くマネジメントする方法を理解する上での大きな一歩をすみ出しました。それが、OrgCMF ™ (Organisation Capability Maturity Framwork) です。

OrgCMF ™ は、組織の展望と狙いを満たすために、組織のあらゆる変更や変革の成功可能性を向上させるために DSMT での適切な機能レベル(学習と成熟度レベル)に海鮮するための知識体系(BoK)、参照モデル、テクニックとツールで構成されています。

OrgCMF による能力成熟度改善メソッドの概要
OrgCMF の恩恵

OrgCMF™ Community (Japan)

日本での OrgCMF™ 展開をスタート

OrgCMF ™ の日本での活用研究がいよいよスタートします。ODTI に認定されたコミュニティとして活動をしていきます。弊社代表取締役の長沢智治はコア・メンバーとして参画し、日本での適用を研究し、クライアント様のデジタルトランスフォーメーション(DX)、アジャイルトランスフォーメーション、組織変革へ貢献してまいります。

OrgCMF Community (Japan) のロゴ

OrgCMF ™ の認定コミュニティプログラムなどについては、下記よりアクセスいただけます:

ODTI の認定コミュニティプログラム
詳しく見る
Japan コミュニティが世界で初掲載