Professional Scrum with Kanban 認定資格を取得

本記事の執筆者である長沢智治は、2021年1月に Scrum.org 認定の Professional Scrum with Kanaban (PSK I) の認定試験に合格し資格を獲得いたしました。

「計測できなければ改善できない」ということはよく言われていることですが、うまく計測できずに、計測疲れになることが多く見受けられます。実際には、計測する以前の問題であるので、指標の見定めの誤りであることが多いです。

そこで考えなけれならないのが、正しいものを計測しているかどうかです。

指標の考え方

指標とは、ものごとに価値をつける基準となる要素のことです。一般的には、これは客観的なデータで示されることが望ましいです。それについてはどなたも理解していることが多いです。しかし、それが大別すると2種類あることはあまり意識されることがありません。

2種類の指標

指標と成果(アウトカム)には因果関係があります。「成果を測る指標が必要」言うようにです。すなわち、成果にまつわる周辺因子から適切な指標を考えていかなければならないということです。

  • 成果指標: 成果そのものを測る
  • 成果予測因子: 成果の起因になるものを測る

成果指標

成果指標は、成果自体を測るための指標です。例えば、「売り上げ」など目標設定における「成果」そのものです。成果指標は、事業や活動の目標であるため、着目しやすく、わかりやすい という特徴があります。

成果予測因子

成果予測因子は、成果につながるものを測るための指標です。例えば、「売り上げ」という成果指標に対しての「MAU(月間のアクティブなユーザー数)」です。MAUが計測できれば、そこから売り上げが見えてくるといったような関係になります。すなわち、「売り上げ」を予測する一因だということです。成果予測因子は、それ自体が何かの目標に達するためのものであることが多いため、直感的にこの指標を測る意味がわからなかったり、見失いがちになりやすいです。また、成果指標に対して、成果予測因子を発見することも比較すると難しい傾向があります。

成果予測因子は、必ず「成果指標のために〜」という枕詞がつくことになります。成果予測因子だけで成り立つものではないことを理解しないと話がややこしくなります。先の例だと、MAU自体を成果指標にすることもだってできるわけです。カスタマーサービス部門の成果指標は、MAUであり、事業全体の成果指標は、売り上げであるという構図が成立するということです。

先行指標と遅行指標

このように、指標といっても、成果に対して直接的なものなのか、間接的なものなのかというのは考えなければなりません。なぜ成果指標だけでなく、成果予測因子を考えなければならないかと言うと、結果がでるまでの時間や影響がでるまでの時間が異なるからです。

これを理解しておくことはとても大切です。要は「測りやすいもの」と「測りにくいもの」があるのです。成果指標は成果が出てこないと測れないわけですが、測りかたは容易であることが多いです。売り上げは、結果がでるまでわかりませんが、誤りの少ない金額という結果で測るのは容易です。それに対して成果予測因子は、成果よりも測りにくい傾向があります。

また、成果指標は、結果が伴うので、軌道修正しにくい傾向があります。結果が出てしまっているので。それに対して成果予測因子は、これを測りながら軌道修正や改善を測りやすい傾向があります。

これは、一般的に、先行指標と遅行指標と呼ばれているものになります。

先行指標遅行指標
成果予測因子成果指標
改善が容易改善が困難
計測が困難計測が容易
成果に対するインプット成果に対するアウトプット
先行指標と遅行指標

もっともわかりやすい例が、ダイエットです。これは、DASA DevOps ファンダメンタルの認定研修でも例として採用されています。

筆者は、DASA DevOps ファンダメンタル認定研修の認定トレーナーでもあります。

  • 先行指標: 摂取カロリーと消費カロリー
  • 遅行指標: 体重

まとめ

指標には、先行指標と遅行指標があります。また、先行指標は、何かの遅行指標のために設定されているものです。従って、先行指標は、「<遅行指標>に対する先行指標である」と表現することが多いです。

先行指標と遅行指標を区別して、因果関係を明確にして設定できるようになると共通理解も促進でき、協働が促進されます。

avatar
長沢 智治

サーバントワークスでは、ソフトウェア開発をはじめとした複雑な業務を改善する支援サービスを実施しております。スポットから中長期まで探究と伴走による支援についてお伝えしたいことがあります。ぜひお気軽にお声がけください。

本記事の著者:

長沢智治

長沢 智治

サーバントワークス株式会社 代表取締役。NOTA Inc. アドバイザリーボード。DASA アンバサダー/認定トレーナー。

『More Effective Agile』、『Adaptive Code』、『今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント』、『アジャイルソフトウェアエンジアリング』など監訳書多数。『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンテーションテクニック』著者。

Regional Scrum Gathering Tokyo 2017, DevOpsDays Tokyo 2017, Developers Summit 2013 summer 基調講演。スクー講師。

プロフィール